マルチチャンネル
ベースフレーム式

自転車スイング式

<ラック記号>
低:CR-WL
高:CR-WH

<フレーム記号>
ベースフレーム:MCR-24

床がアスファルト、ブロック、レンガ、タイル、仮設の自転車置場等に最適。
左右に開いて出し入れ簡単(PAT)。 車間ピッチ28cmで駐車可能。自転車を傾けても隣の自転車のカゴにあたらない。
  • 床がアスファルト、ブロック、レンガ、タイル、仮設の自転車置場等に最適。
  • ベースフレームはマルチ(多穴式)チャンネルで、ラックは直付けワイドタイプ低CR-WL、高CR-WHを使用します。
  • マルチチャンネルのため、ラックの間隔は30cmから自由に選択して組み立てられます。
  • マルチチャンネルのL=2、4mマルチチャンネルとラックは10×20mmのボルト、ナットで締め付けます。
  • チャンネルとチャンネルは連結金具でつなぎボルト、ナットで締め付けます。
  • ラックの間隔40cm以上の場合はマルチチャンネル2本で低、高、低、高、横一列に組み立てます。
  • ラックの間隔28〜40cmの場合はマルチチャンネル3本で低CR-WLを30cm手前にずらして組み立てます。
  • 傾斜レール付きの場合は、マルチチャンネル4本必要です。溶融亜鉛メッキ仕上げのため、腐食の心配はありません。
マルチチャンネルベースフレーム横一列写真
●横一列設置例
マルチチャンネルベースフレーム横一列図
車間ピッチ40cm(横一列)
マルチチャンネルベースフレーム30cmずらしたレイアウト図
車間ピッチ28cm(30cmずらす)

●スタンドは立てかけないで、両隣の自転車を左右に傾けV字型に広げて出し入れします。

ベースフレーム

●ベースフレーム

ピッチ30cm

●連結金具